皮膚科での治療と ドクターピュアラボ、肌トラブルに対するアプローチの違い - すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン

すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン ホーム» スポンサー広告» ・ドクターピュアラボ誕生秘話 » 皮膚科での治療と ドクターピュアラボ、肌トラブルに対するアプローチの違い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚科での治療と ドクターピュアラボ、肌トラブルに対するアプローチの違い

静岡 三島 沼津 シミ しみ しわ ニキビ跡 エステ ドクターピュアラボ レーザー IPL
先日、お客様からこんな質問をいただきました。

「ドクターピュアラボの肌再生プログラムは こんなに効果があるのに、なぜ皮膚科やクリニックで取り扱わないのですか?」


なるほど。その通りですね。
ドクターピュアラボを取り扱っている医療機関はあります。数は少ないですが。


私のところへご相談にお越し下さるお客様のうち、
半数近くは、すでに皮膚科を受診されています。


・肌荒れが酷く、痒みやヒリヒリが出てきたので皮膚科を受診すると、ステロイド軟膏を出されました。
ステロイドを塗ればすぐに症状は治まるのですが、ずっと使うのは抵抗があります。
薬ではなく、化粧品でどうにか良くなるといいのですが…

・頑固なニキビに悩み、皮膚科に行ったところ、塗り薬や内服薬を処方されました。
皮膚科に通っている間はニキビが落ち着くが、通うのを止めた途端にニキビが再発してしまいます。
私はこの先ずっと皮膚科へ通わなければならないのでしょうか?


こんなお話をよく聞きます。



ニキビ化粧品0223


皮膚科での治療は、今起こっている症状を薬などで抑える対処療法が主です。
しかし、原因を突き止め、肌荒れやニキビができにくい肌をつくらなければ、
その症状は繰り返し起こってしまうでしょう。


一方、ドクターピュアラボの肌再生プログラムは、
ニキビや肌荒れなどの症状を抑えつつ、ニキビが出来にくい(肌荒れが起きにくい)ように
肌を育てていくことを目的としています。
それは、単に化粧品を使うだけではなく、
きちんと結果を出すためには、サロンスタッフによる定期的なスキンチェックを行い、
お客様の肌状態に合わせて、使用量や使用アイテムを適切に微調整することが求められます。
さらには、日々の生活習慣の見直しも含めてアドバイスさせていただくこともあります。

こうしたコントロールが上手にいくと、数ヶ月でこんな嬉しい声をいただきます。


「今までだったら、生理前に必ずニキビが出来ていたのに、
生理前でもほとんど出来なくなった!」

 「冬は肌が乾燥して化粧ノリも悪かったけど、
今年は全く乾燥せず、みずみずしい感じが続いています」



これも、皮膚を細胞レベルから入れ替え、健康な肌へ再生する
ドクターピュアラボの成分の素晴らしさと、ドクターサポート体制があるゆえ。

まずは、自分の肌がどのような状態であるかを知り、
正しい知識と適切なお手入れで肌を育てることが大切です。
バリア機能を高め、『自肌力』 がついてくれば、
シミ・シワ・たるみ・ニキビ・肌荒れ などのトラブルは起きにくくなってくるのです。



関連記事

→ 20代お客様 頑固なニキビが改善し 1年で見違えるほど美肌に!

→ 化膿ニキビ・こもりニキビが短期間で改善

→ キメを改善するには、最低1ヶ月。肌は必ず答えてくれる!





ブログバナー用

 ↓↓↓↓↓↓ 詳しくはこちらをクリック ↓↓↓↓↓ 

現役エステティシャンが明かす、劇的ビフォーアフター!

肌再生ドクターズコスメの真実(ドクターピュアラボとの出逢い)

厚塗りエステティシャンが、すっぴんエステティシャンに(肌の写真大公開)

私の剥がれ落ちたメラニン色素、こんなです。







コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://kyokn.blog.fc2.com/tb.php/238-2c9b73b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。