手ごわい 肝斑 もドクターピュアラボで改善 ☆静岡県三島市エステティック ブルジョン - すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン

すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン ホーム» ・肝斑 » 手ごわい 肝斑 もドクターピュアラボで改善 ☆静岡県三島市エステティック ブルジョン

手ごわい 肝斑 もドクターピュアラボで改善 ☆静岡県三島市エステティック ブルジョン

静岡 三島 沼津 シミ しみ しわ ニキビ跡 エステ ドクターピュアラボ レーザー IPL
先日お問合せいただいたお客様から

ドクターピュアラボは、肝斑 (かんぱん) にも効果がありますか? 

というご質問をいただきました。


そこで今日は、女性の敵 「肝斑」 の改善例をご紹介します。
お客様ビフォーアフター写真のカテゴリーは、今まで 「シミ」 と 「そばかす」 だけでしたが
今回 新たに 「肝斑」 のカテゴリーを追加することにしました。


40代 M様。
もともと、子供の頃からあったそばかすを改善したいと
ドクターピュアラボの肌再生プログラムをスタートされました。

ドクターピュアラボ0715肝斑


鼻の頭から両頬にかけてそばかすが目立っていましたが、かなり改善されました。
頬の高い位置にうっすらと残っているのが、肝斑と思われます。

肝斑は、女性特有のシミで30代~40代に多く
女性ホルモンのバランスが影響し、
妊娠・出産・ピルの内服等によって表れたりします。
両頬、目元などに左右対称に表れるのが特徴で、
薄い茶色 ~ ややグレーがかった色をしています。
肝斑は、レーザーの種類によっては照射すると悪化すると言われており
注意が必要です。


私のところに寄せられるご相談で、一番多いお悩みがシミですが、
そのうち約3割くらいの方は、肝斑も含まれているように見受けられます。
ひと口に 「シミ」 と言っても、たいてい一種類ではなく
日光性のシミ・そばかす・肝斑・ニキビ跡による色素沈着 など、
数種類が混在していることが多いようです。


ドクターピュアラボ肝斑01


M様の場合、1クール(6ヶ月) でかなり改善は見られたものの、
肝斑は手ごわく、2クール・3クール行い、ようやくここまで改善されました。
BOURGEON の文字の上、頬の高い位置に細く帯状に残っています。

肝斑はホルモンバランスの影響を受けて 内面から出てくるため、
一気に無くすことはなかなか難しいものです。
また、一旦薄くなった後でも、紫外線やストレスの影響を受けると濃くなり、
再発しやすいシミであると言えます。

M様の現在の状態は、肝斑・そばかすが完全には無くなっていませんが、
メンテナンストリートメント(維持期間) のお手入れをベースに
年1回のフルトリートメント(肌再生期間) を定期的に設けることで、
比較的良い状態をキープしており、ご本人も大変満足して下さっています。


ドクターピュアラボ肝斑02


肝斑・そばかすが薄くなってきたのは一目瞭然ですが、
赤い矢印部分、目元から目尻のあたりを見てみると
細かい小じわがあったのが、今ではハリのあるふっくらとした目元になっています。
このように、色素沈着を排出するだけでなく、肌質そのものが美しく改善されるのも、
肌の細胞を古いものから新しいものへと入れ替える
ドクターピュアラボの肌再生プログラムだからこそ!


青い矢印部分、このシミは一旦薄くなったのにまた濃くなっているように見えますね。
これは再発したということではありません。
メラニン色素が表皮の比較的深い層まで存在していると、このような現象が起きます。
浅い層のメラニン色素がターンオーバーによって押し出され
剥がれ落ち、一度は薄くなったように見えますが、
更に深い層にもメラニン色素がある場合、ターンオーバーによってそれが押し出され、
また濃くなって見える、というわけです。

フルトリートメント(肌再生期間) のお手入れを行う度に、
シミが大陸移動のように徐々に形を変えて見えるのもそのせいです。
これについては、他の事例を挙げながら 別途くわしく記事にしたいと思います。


肝斑は、50代以降の閉経を迎える頃になると徐々に薄くなるため、
「放っておけば治る」 などと言われがちですが、
やはり悩んでいる方にとっては、お顔の目立つ位置にありますし
出来る限り薄くしたいですよね。
シミの中ではなかなか手強い肝斑ですが、正しいスキンケアを行うことで
少しずつ改善し、良い状態を維持することは可能です。


肝斑でお悩みの方は、
是非 ドクターピュアラボのスキンチェックを受けてみて下さいね。




↓日本ブログ村ランキング
応援クリックをお願いします!
 

にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村



コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://kyokn.blog.fc2.com/tb.php/191-39f0eff8