ドクターピュアラボの ピュアハイドロキノン が、一般的な安定型ハイドロキノンより数倍効果が高い理由 - すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン

すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン ホーム» スポンサー広告» ・ピュアハイドロキノン » ドクターピュアラボの ピュアハイドロキノン が、一般的な安定型ハイドロキノンより数倍効果が高い理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクターピュアラボの ピュアハイドロキノン が、一般的な安定型ハイドロキノンより数倍効果が高い理由

静岡 三島 沼津 シミ しみ しわ エステ ドクターピュアラボ レーザー IPL
美白成分と言われる、メラノサイトの働きを抑制しシミを出来にくくさせる成分には
アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸など様々なものがありますが、
現在世の中にあるもので、一番強力な美白作用がある成分は ハイドロキノン と言われています。

メラノサイトがメラニン色素をつくる時には 「チロシナーゼ」 という酵素が作用しており、
美白成分の多くは、このチロシナーゼをどれだけ阻害することができるか
というところに主眼をおいて開発されています。

下のグラフで示す通り、ハイドロキノンはコウジ酸などとくらべて、
100倍近くチロシナーゼの活性を抑える効果があることがわかります。

ハイドロキノンgraf



強力な美白作用のあるハイドロキノンですが、一方で弱点もあります。
それは、

安定化しにくく非常に酸化しやすい物質である
ということ。

ハイドロキノンクリームを個人輸入で購入したり、
皮膚科で処方されたことがある人はご存知と思いますが、
冷蔵庫に保管が必要で、1ヶ月もするとクリームが茶色に変色してきます。
これこそ、酸化・劣化してしまった証拠です。

酸化したものを肌に塗ると、赤みや皮膚炎の原因になるばかりでなく、
美しくなるために塗っていたはずが、活性酸素を発生させ老化の原因になってしまうという、
ジキルとハイドのような二面性があるのです。


こうした不安定な状態をなくし劣化しないようにするため
最近では 「安定型ハイドロキノン」 が化粧品に使われるようになってきました。
ハイドロキノンに、安定させるための物質をたすことで、酸化にしくい状態にしたものです。
ただ、“安定型ハイドロキノン5%” と表示されていたとしても、
全体には 純ハイドロキノン+他成分 で構成されていますので、
純粋なハイドロキノンが何%配合されているかで 効果は変わってくると言えます。

ちなみに、ドクターピュアラボに配合されているハイドロキノンは、
No.3 アドバンスドクリーム(ハイドロキノン2%)
No.4 ブライトニングクリーム(ハイドロキノン4%) です。

No3_4.jpg


ドクターピュアラボのご相談を受けるお客様の中には、
過去に他のハイドロキノン配合化粧品を使われていたという方が少なくありません。
例えば、ネット通販で買える ア〇〇〇ー〇さん、ビー〇〇〇さん
サロンで販売されている ドクター 〇〇〇さん 等・・・

「一定の期間使っていたけれど、シミが改善しませんでした。」
「かぶれて使えなくなり、サロンの人からハイドロキノンアレルギーだと言われました。
だから、ドクターピュアラボも使えないと思います。」
というお声も。

しかし、こういう方でもドクターピュアラボのハイドロキノンは全く問題なくお使いいただくことができ、
数カ月間でシミを改善し、大変ご満足いただける結果が出ていることは事実です。


2クール(約1年)の肌再生プログラムで、一番のお悩みであったシミだけでなく
シワやたるみも改善されたT様。
  ↓   ↓   ↓

ドクターピュアラボ1025a


他メーカーのハイドロキノンでは なかなか効果が得られなかったのに、
ドクターピュアラボは、目にみえて大きな効果が得られる、その差はなぜでしょう?

それは、ハイドロキノンの純度(精製度合)と、様々な抗酸化成分の絶妙な配合バランス です。
防腐剤を使用せず 冷蔵庫に入れなくても、数カ月間に渡って品質を維持できる、
高純度なハイドロキノンを高いレベルで安定化させることに成功したのも、
門外不出とも言えるドクターピュアラボ独自のレシピがある故。
一般的な安定型ハイドロキノンに比べて、ドクターピュアラボの 「ピュアハイドロキノン」 は、
たとえ同じ4%と謳っていても、シミに対する威力は数倍強いと言っても過言ではないと思います。

目に見える効果をはっきり実感できること。
それが、派手な広告や宣伝をせずとも、年々着実にドクターピュアラボのファンを
増やし続けている大きな理由です!
他メーカーの美白化粧品では物足りなかったという方、
是非一度ご相談下さい。



最後に、この 「ピュアハイドロキノン」 を生み出した
ドクターピュアラボ研究開発の第一人者、安田先生をご紹介します。

yasuda先生

ドクターピュアラボの基本コンセプトである 「肌再生理論」をベースに処方研究をするうちに
ある事に気が付きました。
それは、33年間培ってきた処方開発の概念を変えなくてはならないことでした。
開発のキーワードは「ハイドロキノン」「抗酸化」「高純度成分」 
すべてを効果的になおかつ安定性のある製品にすることは難しく、高い壁でした。
長い年月を経て完成した製品は、
「誰にも真似できない」「誰もが感動できる」 製品になったと自負しています。

お客様から、 「このスキンケアにはウソがない。ウソがないスキンケアというのは、
正しく使えば期待に応えてくれる肌になる」 という声を頂きました。
概念を変え基本から見直した結果、このような声を頂けたのだと嬉しく思っています。
今後さらに感動できる製品の開発に取り組んでいきたいと思っています。


~プロフィール~
大手化粧品メーカーで33年間勤務。
医薬部外品・化粧品の責任技術者、統括製造販売責任者の資格と経験を生かし、
無香料・無着色・ノンパラベン、オーガニック原料を吟味し成分特性を生かした
美肌実感の高い ドクターピュアラボ の製品を完成させた。
現ドクターピュアラボ研究室室長。




↓日本ブログ村ランキング
応援クリックをお願いします!
 

にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。