トレチノインやハイドロキノンは、長期連用により効果が弱まるのか? - すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン

すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン ホーム» スポンサー広告» ・化粧品 » トレチノインやハイドロキノンは、長期連用により効果が弱まるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレチノインやハイドロキノンは、長期連用により効果が弱まるのか?

静岡 三島 沼津 シミ しみ しわ エステ ドクターピュアラボ レーザー IPL
これは、お客様からよくいただく質問。
トレチノインやハイドロキノンは、シミ・しわ・たるみ・ニキビ・ニキビ跡などに効果がありますが
長期で連続使用を続けた場合、徐々に効きづらくなっていくというもの。

レチノールはビタミンA、トレチノインはレチノールの生理活性を50倍~100倍にしたビタミンA誘導体であり、
米国では医薬品として扱われている成分です。
ビタミンA自体はヒトの血中に微量に流れている成分であるため、
これによりアレルギー反応を引き起こすことは無いと言われています。

ドクターピュアラボのラインナップにも、
No.8EXやNo.8P という商品に、高濃度のレチノールが配合されています。
これらのアイテムは、1クールのプログラム期間中で肌再生を行う3ヶ月間に限ってのみ使用することが出来ます。
それ以外の3ヶ月間はレチノールやハイドロキノンは使わずに、
肌のキメや表面を整えるメンテナンス期間のお手入れを行っていただきます。
その理由が冒頭にある通り、レチノールが肌に及ぼす細胞活性度合が弱まっていくから。

使い始めは、肌につっぱり感や赤みが出て、人によっては皮が剥けることもありますが、
これは基底層で新しい細胞が生まれ、古い角質が剥がれ落ちる(ターンオーバーが活性される)ことにより起こる好転反応です。
数週間続けていくうちに次第に肌が成分に慣れ、好転反応はおさまってきます。
再度活性を高めるためレチノールの使用量を増やしていくと 再び好転反応が現れ、
そのような活性の波を3ヶ月の肌再生期間で3~4回ほど繰り返すと、
肌は新しいものに全て入れ替わり、シミやシワなどの肌トラブルを改善していくことが出来ます。


こうなってくると、塗れば塗るほどキレイになれるような気がして
3ヶ月の肌再生を終了した後も レチノールやハイドロキノンの使用を継続したいと言われることがありますが、
これに対しては、理由をお話してきっぱりとお断りしています。

一番良くないケースは、3ヶ月以上に渡りだらだらと長期連用し、
身体に耐性が出来て、いくら使用量を増やしても効きにくくなってくるというもの。



一方で ハイドロキノンに関しては、「酸化」 という表裏一体のマイナス点があるため
やはり長期連用は相応しくないのです。
これについては別途記事にしたいと思います。


レチノール、トレチノイン、ハイドロキノンは
一定期間をもうけスポット的に使用するのが、
肌トラブルの改善レベルを最大限に引き出すことが出来ると考えています。


P1050486b.jpg


関連記事

→ 15年間悩んでいたシミが消えた!驚異のドクターズコスメ Dr.PureLab

→ 40代お客様 シミが改善し若々しいお肌に

→ 40代お客様 シミ・くすみが改善して色白美肌に



↓日本ブログ村ランキング
応援クリックをお願いします!
 

にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。