化粧品はパッケージや容器より、中身が大事! - すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン

すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン ホーム» スポンサー広告» ・化粧品 » 化粧品はパッケージや容器より、中身が大事!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化粧品はパッケージや容器より、中身が大事!

静岡 三島 沼津 エステ しみ シミ しわ
先日ドクターピュアラボの肌再生プログラムをご契約いただいたお客様へ、
納品の準備をしていました。
ピュアラボのロゴをあしらった白い布袋に、商品を入れてお渡しします。

ドクターピュアラボR1


ドクターピュアラボの商品は、1本1本 箱に入っていません。
容器も無駄を省いたとてもシンプルなものです。

あらためて思うけれど、、
価格の割に簡素なパッケージだわ~(笑)


しかし、これまで色々な化粧品をジプシーしてきて思うのです。
1本1本、箱に入っている必要があるでしょうか?
分厚い透明なガラスで、宝石のような容器が必要でしょうか?

もちろん、ゴージャスな化粧品容器であれば
使う時にもお姫様的にゴージャスな気分に浸れますし、
見た目にも高価なイメージがあるでしょう。

でも、
その箱、その容器に
いったい幾らかかっているのか?


材料費だけではありません。
デザイン料や製造の鋳型費用なども、コストの一部として
化粧品に上乗せされているはずです。
そして、その費用はというと
化粧品の価格としてお客様にお支払いただいているのです。


デパートの化粧品カウンターに並んだ色とりどりの煌びやかな商品を見て、
「このパッケージ・容器に幾らかかっているのだろう?」
などと、考えてしまうのです。
使い終わった後はゴミになってしまう。
スタバのように、空き容器をカウンターに持っていけば
新しいものを入れてくれるわけでもありません。
エコロジー&エコノミーとは真逆の世界ですね。

肌をキレイにしたい、悩んでいるシミをどうにかしたいという方にとっては、
過剰な包装やゴージャスなパッケージよりも、
本当に効果の出る成分(=化粧品の中身)の方が重要であるはずです。

そういう意味で、私はドクターピュアラボという会社は
「お客様の肌をキレイにしたい」 ということだけを追求した
真っ正直な会社だと思うのです。

余計なものにはお金をかけない。
かけるのは、化粧品の中身。
それも、これでもかという程に全力投球!

ちなみに、中身が劣化しないように品質を守るための容器は
もちろん必要ですよ。
ピュアラボも、容器のデザインがリニューアルして
更に使いやすくなりました。


ブランドイメージや容器の見た目にとらわれず、
賢い化粧品選びをして下さいね


関連記事

化粧水は本当に必要なのか? 現役エステティシャンが明かす、ちょっと裏話

「化粧水バシャバシャ+乳液でフタ」 で、本当に保湿できてる?化粧品は “イメージ” ではなく “成分” で選ぶべし

洗顔料は泡立てネットでモコモコに泡立てて使う方がいいのですか?

2年使えば、シワ・たるみがここまで改善できる!




↓日本ブログ村ランキング
応援クリックをお願いします!
 

にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村



コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://kyokn.blog.fc2.com/tb.php/133-5ca57ade

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。