京都 松榮堂の香り袋をいただきました - すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン

すっぴん☆エステティシャンの日記 / 静岡県三島市エステティック ブルジョン ホーム» スポンサー広告» ■アロマ » 京都 松榮堂の香り袋をいただきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 松榮堂の香り袋をいただきました

三島 沼津 シミ しみ しわ 毛穴 エステ ブルジョンbourgeon 岡野百花
お客様から素敵なプレゼントを戴きました。
お香を扱う京都の老舗 「松榮堂」 の香り袋です。
正式には、匂い袋というそうです。

白檀、丁字、桂皮、竜脳など、十数種類の香料を使用した香りで、
紫色の袋に入っています。
素敵な箱を開けると、白檀の深い木の香りと ほのかに甘く優しい香りが
実に絶妙なバランスで交じり合い、とても気分が落ち着きます。

P1050379.jpg


白檀
↑白檀(びゃくだん)
別名サンダルウッドとも呼ばれ、アロマセラピーでもお馴染みの精油ですね。
インド・インドネシア・マレーシアなどで栽培されています。
鎮静効果が高く、瞑想したり集中する時に使うと良いとされており、
日本でも古くから貴族や公家の間で親しまれてきました。
身体にすっととけ込む浸透性も特徴で、厄払いや運気改善に用いられたり、
リラックスさせる効果が期待されています。


丁字
↑丁字(ちょうじ)
フトモモ科の常緑高木でアフリカ・東南アジアで栽培されています。
葉は油点が多く芳香がある。花は筒状の白色四弁で香りが強いそうです。
蕾(つぼみ)を干したものを丁子・丁香あるいはクローブといい、
香料として珍重されています。


桂皮
↑桂皮
クスノキ科カシアの樹・枝の皮をはいで干したもの。
古来生薬として、健胃・発汗・解熱・鎮痛などに用いられてきました。
中国南部・ベトナム・スリランカ・インドネシアなどで産出し、
シナモンの名で世界中に親しまれています。


竜脳
↑竜脳
スマトラ島でリュウノウジュ(フタバガキ科)の心材の空隙に
結晶の形で見つけられました。
清爽感のあるこの香料は古くから防虫剤、防腐剤の原料として使われてきました。
書道の墨などにもこの竜脳が香っています。



この香りの名前は「誰が袖」という名前で、
古今和歌集からつけられたそうです。

「誰が袖(たがそで)の栞」
色よりも香こそあはれと思ほゆれ
誰が袖ふれし宿の梅ぞも 


かの昔、女性は梅の花を摘んで衣のたもとに忍ばせ
薫りをしみこませたとか。

和歌の訳は、
「花の色より香りの方が心に沁みいる
この梅の香りは、誰が袖をふれた移り香なのだろうか」


西洋のアロマセラピーも好きですが、和の香りもとてもいいものですね。
心が穏やかになれます。
しばらくこの素敵な香りを楽しませて頂きたいと思います!






    日本ブログ村ランキングに参戦中
    応援のクリックを宜しくお願いします!
 

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ


三島沼津しわエステ シミ ブルジョン
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://kyokn.blog.fc2.com/tb.php/119-97dac0ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。